top of page

低炭素住宅とは…​

認定基準

①外皮性能(誘導基準)

ZEH水準の外皮性能が必要

②一次エネルギー消費性能(誘導基準)

ZEH水準の外皮性能が必要

③再生可能エネルギー利用設備の導入

太陽光発電設備など、自然エネルギーを活用した発電設備の導入が必要。
かつ、戸建住宅の場合、省エネ量と創エネ量の合計が基準一次エネルギーの50%以上であること
※上記の他、資金計画等が適切なものであることも必要です。

④低炭素化に資する措置  ※選択項目

「節水に資する機器の設置」や「住宅の劣化の軽減に資する措置」など、9つの措置から最低1つを満たすことが必要。または、標準的な建築物と比べて低炭素化に資する建築物と所管行政庁が認めるもの(例:CASBEE評価書)

低炭素住宅のメリット…​

​■住居ローンの金利の引き下げ

​■高断熱性で快適に生活できる

​■容積率が緩和される

​■税金が優遇される

​■月々の光熱費を抑えられる

​詳しくはこちら

bottom of page