top of page

長期優良住宅とは…​

「長く良好な状態で住み続ける為の措置を講じた性能の高い住宅」をいい、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいて認定された住宅です。

認定基準(新築)

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること

①劣化対策

②耐震性

地震に対し、長く住むため続けるための改修の容易化を図るため、
損傷レベルの低減を図ること。

③省エネルギー性

​必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

④維持管理・更新の簡易性

​設備配管について、維持管理(点検・清掃・補修・更新)を容易に行うために必要な措置がとられていること。

⑤居住環境

良好な景観の形成その他の地域における住居環境の維持及び向上に配慮されたものである。

⑥住戸面積

良好な居住水準を確保するために必要な規模を規模を有すること。

⑦維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画していること。

⑧災害配慮

自然災害よる被害の発生の防止又は軽減に配慮されたものであること。

長期優良住宅のメリット…​

​■住居ローンの金利の引き下げ

​■税の特別措置

​■長期にわたり安全快適な暮らし

​■地震保険が割引される。

​詳しくはこちら

bottom of page